世界一周から一時帰国した僕がそのメリットをまとめてみた

どうもワクワク追求夫婦のteriyaki(夫)です。

夫婦で世界一周中の私ですが、旅に出てもうすぐ半年。日本に用事があり、一週間ほど一時帰国してきました。

当初は予定になかった一時帰国。金銭面の負担や、ヨーロッパを旅する時間が短くなるということで戸惑いもありましたが、実際にしてみて様々なメリットを発見したのでそのメリットをまとめておこうと思います。これから世界一周にでる方や、世界一周中の方、長期で海外にいる方は是非参考にしてみてください。

 

 一時帰国詳細

まずは、私の一時帰国の詳細を簡単にまとめておきます。

期間

2017年10月11日〜2017年10月17日

経路

パリ→ドバイ(トランジット)→大阪

大阪→ドバイ(トランジット)→パリ

主な目的

・後輩の結婚式参加

・衣装チェンジ(まるでアイドルみたいじゃないか)

(・日本食の暴飲暴食)←こいつは後付けです。一応。

 

一時帰国のメリット4つ

日本の良さを再確認できる

変な話、海外を長く旅していると海外の環境がだんだんと当たり前になってきます。最初は、日本の良さを痛感するんですが、段々と日本では当たり前ではないことが普通になってくる。そんな時に一時帰国すると改めて日本の良さを痛感します

まずは、トイレ。日本のトイレのクオリティーは間違いなく世界一です。どうして公衆トイレがあんなに綺麗なんだろう。豊富なトイレットペーペーパー。何よりウオシュレット。世界は優しさで溢れているけど、ウオシュレットの優しさ半端ないです。抱きしめて寝たいくらい。抱きしめたら便座が温かいんだぜ?

バファリンの半分とかいうレベルではない。世界中であんなにお尻に優しいトイレがあるのは日本だけ

 

もう1つは、日本のお風呂。世界中に癒し系と呼べる動物や女性は数多く存在すれど、疲れた時に入る湯船に敵う癒し系は存在しません

それから、日本食の美味しさ。世界は美味しいもので溢れているけど、日本食はどこの何よりも我々日本人の心を癒すのです。味噌汁とご飯と納豆。これ以上の三角食べは、もはやありえません。

料理の豊富さも素晴らしい。世界各国の料理があれだけのクオリティーで食べられて、値段もピンキリ。なんてこった日本。

 

それから何気に、日本人がちゃんと並んで列車に乗ることなんかも感動ポイントでした。海外が悪いのではなく、日本のそういう礼儀正しさみたいなものは群を抜いているということですね。

もちろん、日本よりも世界の方が凄い!と思うこともたくさんあります。「この部分は日本よりもあの国の方が自分にはあっている!!」なんて思うことも。

でも、これも日本に帰ってきたからこそ思うこと。世界を旅することの面白さを日本に帰ってきて再確認できる。これも一時帰国の良さですね。

 

家族のありがたさを痛感できる

日本に一時帰国して、最初に妻の実家に帰りました。日本食が食べたいだろうということで刺身とご飯と納豆などを用意してくれていて、ビールに日本酒。洗濯も。お風呂も。長旅の僕を気遣ってかけてくれる言葉。僕一人で帰ってきたのに、本当に何から何まで至れり尽くせり

最後の日は空港まで送ってもらってお寿司もご馳走に。こんなにしてもらって良いのでしょうか?

父親と母親にも会いましたが、とにかく旅先での体調を心配してくれていたことがひしひしと伝わる言葉。もう30だけど、いつまでたっても息子は息子みたいです。あまり詳細を書くのは恥ずかしいので割愛しますが何から何まで世話かけっぱなし。を改めて実感。

もちろん日本にいても家族には心配かけたり助けてもらったりしてるんですが、その有り難みを改めて痛感できるのは海外に出てみたからこそ。日本で安定した職を突然辞めて、勝手に旅している我々夫婦。それでもあそこまで心配と応援と気づかいをしてくれるのは家族なんです。

普段はなかなか実感できない家族の有り難みを感じられるのも一時帰国の良いところ。これは旅の良い点でもありますね。

 

応援の数をリアルに体感できる

我々の夫婦の世界一周のスポンサー「豆仁」さん。ご挨拶にいくと、温かく迎えていただきいろんなお話ができました。我々の旅に興味を持っていただき、特に何もできることのない我々のスポンサーとして、支援していただいている。こんなにありがたいことはありません

また、店主の中村さんの考えが深くてすごく、お話を聞いていると刺激をもらえることばかり。やっぱり日本で応援していただいている人と直接会うというのは大切なことです。

豆仁さんのサイトはこちら!!美味しいナッツはもちろん、そのコンセプトや中村夫婦の人柄を知れば、虜になること間違いなし!!

 

話は変わって、日本に帰って後輩の結婚式にいくと「あれ?帰ってきたんですか?」と驚かれました。そこで、ブログ読んでるよ、旅の話面白いですよね。と言われることほど嬉しいことはない。

ブログを読んでくれていたり、興味を持ってくれていることは、海外にいたら数字でしか知ることができません。一時帰国で応援や興味の数をリアルな声や表情と共に体感できるのは本当に嬉しいし、刺激になります。

 

世界に出るのは簡単実感だという実感を手に入れられる

一時帰国して思い知ったことは、世界は狭いということ。その気になれば日本とフランスをこんな簡単に行ったり来たりできるんです。世界一周していると、日本は物理的に遠い国に感じるかも知れないけれど、その気になれば帰ってこれるんだと実感。

これは逆もしかりで、世界に出ることも同じ。その気になって航空券の予約ができるかどうかだけの話。

もちろん、お金はかかるし、簡単ではありません。でも大切なものや、自分の気持ちの為にお金をどう使うか。そのことを考えた結果の世界への旅や一時帰国にはやはり価値が伴います

何にお金をかけるのか、何に自分の人生を使うのか。それをよく考えた上での行動に本当の後悔は伴わないと僕は信じています。頻繁にはできることじゃないけど、必要性を感じれば一時帰国することも大切なことだと僕は思っています。

もちろん世界は広いし、知らないこともたくさんある。世界一周に出たくらいで世界を知った気になるのは間違いです。でも、こうやって物理的には簡単に世界を行ったり来たりできるということをこの一時帰国で知れたのは、今の僕にとってはとても良い経験でした。

 

まとめ

なかなかまとまらない話になりましたが、一時帰国して再びフランスに戻ってきた僕の正直な想いを書いたつもりです。

自分にはちゃんと支えてくれる人、応援してくれる人がいる。あと、やっぱり日本は素晴らしいし、世界も素晴らしい。旅が日常になるとなかなか実感できないこれらのことが、逆に今まで当たり前だった日本が当たり前じゃなくなっていることが知れるのが一時帰国の価値だと思います

世界一周中のみなさん、長期で海外にいるみなさん。この記事で、一時帰国の良さを知って必要性に応じてぜひ検討してみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です