速水もこみち 旅人として非常に有能説

どうもワクワク追求夫婦のteriyaki(夫)です。

昨日、宿でパスタを作っていて、ふと衝撃の事実に気づいてしまいました。それは「速水もこみちは世界一周の旅人として非常に有能なんじゃないかという説」なんです。。

 

速水もこみちが世界一周旅人として有能な理由4選

料理が作れる

もこみちといえば、「モコズキッチン」。そうです、彼は自炊の達人です。世界一周に自炊はつきものです。宿のキッチンで自炊をして節約。世界一周中の旅人として、ほぼ全員がとおるみち。もこみち。

最後の「みち」がかかっていることはここではそっとしておいて、彼の自炊力は世界一周者の中でもずば抜けているといっても過言ではありません。というわけで、彼は世界一周に関する食の部分でまずは有能。

 

もこみちは本を出している=印税

彼は得意の料理を活かして、料理本を出版しています。つまり、彼には定期的な印税収入があるわけです。これは旅人なら誰もが羨む、旅しながら稼ぐという状態。というかもうオリーブオイルふりかけながら稼いどるわけです。

彼は旅の資金面でも有能でした。

 

バスキングもお手の物

また、旅の資金という面でいえばもう一つ有能な部分が。世界一周者がその旅の資金を稼いだり、出会いを増やすために行うバスキング。

各国のストリートで楽器を演奏したり、書道パフォーマンスを行ったり、旅人は自分の能力を活かして旅の資金を調達するわけです。

さて、もこみち氏(尊敬の念を込めだした)の得意技はなんといっても高いところからふりかけるオリーブオイル術。世の奥様方はあの姿がみたくてモコズキッチンを観ているのです。

そして、もこみちはすでにオリーブオイルという日本で人気を博士た手に職がある状態です。世界の街であのオリーブオイル術を披露すれば、簡単に稼げるわけですね。

特にヨーロッパではオリーブオイルは魂の調味料。みんなが彼のアメージングなオリーブオイル使いに感動して、もこみちの前に置いてある空のオリーブオイル缶に多額の金銭を投げ込むこと間違いなし。

 

オリーブオイルという面でいえば

オリーブオイルという面でいえば、もこみち氏は一度の料理でオリーブオイルをひと瓶使い切ってしまうことでも有名です。これはつまり彼が移動の面でも有能なことを示します。

私のバックパックにはいつも自炊に使う食材が入っているんですが、正直これが重い。特にオリーブオイル。これは非常に重いんです。

しかし、もこみち様(敬意の最上級)は毎回の料理でオリーブオイルを使い切ることができるため、移動の際旅人を苦しめるオリーブオイルの重さを回避できるわけです。

「おいおい、それじゃあ金がかかってしょーがねーじゃねーか」というアンチもこみちの皆様。忘れたんですか?もこみち大先生には印税収入があるんですよ!!

 

まとめ

というか、それだけ稼げてるもこみち氏なら、世界一周で自炊する必要もなさそうですね。

という移動時のオリーブオイルの重さに対する不平不満からできあがったブログ。最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です